2017年10月28日

分かりやすく、興味深い内容でした。

「人口知能と経済の未来」井上智洋(著)文藝春秋を読みました。分かりやすくとても興味深い内容でした。作曲家、クリエイターもあと数年後には、このAIと対峙しなくてはならない日がくるでしょう。これまで想像もつかなかった権利の問題や、著作物の概念がスクラップ&ビルドされる事は間違いないと思います。心構えはしっかりとしておくべきかなと思いました。
人工知能と経済の未来.jpg

Amper Music
https://www.ampermusic.com/

Jukedeck
https://nelog.jp/jukedeck
http://jukedeck.com

マラガ大学 メロミクス iamus computer
https://www.youtube.com/watch?v=bD7l4Kg1Rt8

Daddy's Car: a song composed by Artificial Intelligence - in the style of the Beatles
https://www.youtube.com/watch?v=LSHZ_b05W7o






posted by koh! at 20:38| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

野村の金言

今年の夏に買っていた「野村の金言」を読んだ。なるほど、、、さすが名将!と思う「名言」もあれば、えっ?と思う「迷言」も時々ありw、、、、なかなか面白かったです。
野村の金言
http://www.7andi-pub.co.jp/mook/2016/20160519_02.html
野村の金言2016.jpg
posted by koh! at 22:39| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

まだ、このおじいさんは幸せだと思います。

スクラップ・アンド・ビルドを読みました。現在の介護医療制度に潜む矛盾を、どこにでもいるような一人の青年「健斗」の日常の視点から切り込んだ、いや切り込んだような、切り込んでないような(笑)、、、、そんな小説です。僕らが80歳90歳100歳と歳を取った時、退屈という不毛の時間地獄の中、早く死にたいと思うのか、まだ生きたいと思うのか?最近、老後不安をやたらあおる本や週刊誌の中刷り、新聞広告などを見ますが、どこかに水を引こうとする不自然な力や、プロパガンダ的なものを感じます。荘子曰く「不測に立ちて無有を遊ぶ」という言葉がありますが、今を完全燃焼することでしか、良い未来を築けないような気がします。そんな単純なものじゃないとご年配の方に怒られそうですが><みなさんはどう思いますか〜?
スクラップアンドビルド.jpg
posted by koh! at 22:50| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする